置いたら泣く赤ちゃんへの対策

大変な出産を終え、待ちに待った我が子との対面、そこから長い長い育児が始まります。


赤ちゃんとの生活で、まずお母さんが悩むのは「睡眠」に尽きるのではないでしょうか。育児書等には「生活のほとんどを寝て過ごす」と書いてありますが、一日中泣き続けたり、抱っこでないと寝てくれない赤ちゃんもいます。
ミルクや母乳で授乳して、抱っこでゆらゆらしていたら眠ったので、そっと布団におろすと、背中が布団に触れた瞬間泣き出すという「背中スイッチ」に悩むお母さんが多いです。布団に置いたら泣く赤ちゃんの対策として、2つ対策を挙げてみましょう。

まず、おくるみでくるんで寝かせましょう。
おくるみが無ければバスタオルでも大丈夫です。

人気のある赤ちゃんが泣きやむ情報選びをサポートするサイトです。

新生児はお母さんのお腹の中で丸まって過ごしてきたので、おくるみで包んであげると安心します。


包んで抱っこで眠ったら、おくるみごと布団に下ろします。

泣かないようであれば、おくるみを少し緩めて布団をかけてあげましょう。

次はおくるみが無い場合の下ろし方ですが、下ろしたときに赤ちゃんを支えている手や腕をしばらく布団から離しません。

姿勢は辛いですが、置いたら泣く子は、お母さんのぬくもりが急に離れてしまうと気づくパターンが多いので、しばらく手を離さずにいましょう。

goo ニュースの情報をお知らせいたします。

泣かずに眠れたようであれば、少しずつ手を抜いてゆきます。

最後までゆっくりと、指の一本までじっくりと時間をかけて離しましょう。

お母さんの肌が離れたことに気づかないまま、ぐっすりと眠れれば成功です。

置いたら泣く赤ちゃんへの対策を2点挙げましたが、大人が性格も様々であるように、乳児も様々です。
色々な方法を試して我が子に合った寝かしつけ方を探してみましょう。