赤ちゃんが泣きやむ方法は

赤ちゃんがなかなか泣きやまない時は本当に困ってしまいます。

赤ちゃんが置いたら泣くをあなたに紹介致します。

赤ちゃんはどんなことが原因で泣き、どのようにすれば泣きやむのでしょうか。赤ちゃんが泣く原因は「眠い」「お腹が空いた」「げっぷが出ない」「のどが渇いた」などの生理的な要因のほか「寒い(暑い)」「(便などで)気持ちが悪い」などの不快感から来る場合があります。そのほか、なぜか夕方になると泣き始める「たそがれ泣き」があります。
たそがれ泣きは英語で「コリック」と呼ばれ、人種や国を問わず見られる特性です。

自律神経の影響とも考えられていますが、諸説があり、はっきりとした原因は特定されていません。
たそがれ泣きは生後3、4ヶ月で始まり、生後5、6ヶ月ころに治まるのが一般的ですが、個人差がありもっと早く始まり長く続く場合もあります。
たそがれ泣きを鎮めるには、優しく抱いて毛布などで体を温めてあげたり、体をマッサージしてあげる方法があります。

Girls Channelの最新情報が知りたい方にはこちらです。

また、家の中から外に連れ出してあげるなど環境に変化を与えてあげることで泣きやむ場合もあります。


何らかの音を聞かせるのも大きな効果が期待できる方法のひとつで、ドライヤーの音や掃除機の音で泣きやむ赤ちゃんもいます。

最近では「泣きやむCD」をはじめ泣きやむ映像、アプリなども登場していますので、ご自分の赤ちゃんに合う方法をさがしてみてはいかがでしょうか。



泣く行為は成長過程の大事な要素のひとつです。

必要以上に神経質にならず、夜泣きもたそがれ泣きも「いつかは終わる」とどっしり構えましょう。